FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
政界再編昨日見ました
2007 / 11 / 05 ( Mon )
政界再編へ中選挙区復活も 自民・加藤氏 衆院選前後「模索の時期」(11/04 00:25)
北海道新聞
そのときに小選挙区制から中選挙区制に変えるという問題も密接に絡んでくると思う」と述べ、自民、民主両党の大連立など新たな政界再編の動きを促すために、中選挙区制の復活を検討する必要があるとの認識を示した。 加藤氏は首相の連立打診について「まじめに議論される ...(続きを読む)


“衆院選前後に政界再編も”
NHK
自民党の加藤元幹事長は早稲田大学で講演し、福田総理大臣が民主党の小沢代表に連立政権を打診したことに関連して、次の衆議院選挙の前後に政界再編の動きが起こる可能性があり、その際には選挙制度の見直しが密接に絡んでくるという認識を示しました。(続きを読む)


与党民主党に「大連立」打診 県内政界にも衝撃
日本海新聞
一方で、年内解散の可能性や政界再編の加速を指摘する声は与野党を問わず上がり始め、政局の混迷に拍車がかかることになりそうだ。 福田首相の動きに対して石破茂防衛相は二日夜、「政策遂行のため、いわゆる大連立みたいなものが望ましいということだろう。 ...(続きを読む)


小沢氏「離党、今言ってない」 自民、連携模索の動きも
朝日新聞
しかし、大連立構想に動いた小沢氏が代表を退けば、民主党分裂・政界再編の可能性をはらんだ政局展開となることは避けられない。党首会談で首相が唱え、小沢氏も同調した衆参両院で第1党が異なる「ねじれ」状態の解消に向けた動きがくすぶるためだ。 ...(続きを読む)


小沢代表の「連立」勘違い暴走にご用心
JanJan
6月24日のnhk「日曜討論」の中で小沢氏は自民党を巻き込んだ政界再編の可能性について司会者から問われ「そのくらいしないといけなくなる。衆議院は自民党が持っているんだから、総理は自民党だ。しかし現実に参議院で過半数ないと政権運営できない。 ...(続きを読む)



政界再編
政界再編の動き加速 年内解散遠のく 民主党の小沢一郎代表の突然の辞任表明により、政界は深い霧の中に突入した。福田康夫首相と小沢氏の党首会談でようやく動き出した国会は、民主党の混乱により、再び空転するのは確実で、会期末の10日までに新テロ ...(続きを読む)


一寸先は?
全て計算ずくのように思えて志方がない。こうすればこうなり、ああすれば・・・。私でも想像できるような事を単純に行なうわけがないと思います。結論は政界再編、2大政党政治の達成!全てがその大義に基づいているように思われます。ひょっと...(続きを読む)


政界再編
というか、それとも自民との連立を考えるか、あるいは政界再編としてガラガラポンにするか、しかないでしょう。 解散総選挙は福田総理の専権事項。 いざ、「解散!」といったとたん、小澤さんが民主党党首としてカムバックしたらどうだろう? ...(続きを読む)


生き様
小沢も政界再編疲れなのか。次の総選挙で民主が勝って、すんなりと政権交代と行かないのは、誰もが半ばわかっていること。たとえそうであっても、闘わずしての敗北主義からは何も生まれない。100戦して99敗しようとも、次の1勝に懸けるのが、人の上に立つ ...(続きを読む)


大連立をうけ、小沢党首辞任!
福田首相から打診された大連立構想に対する党内の反対を「不信任」と見なし、「民主党は次期総選挙で勝利は厳しい」と言い放った。これまで数々の政界再編を仕掛けてきただけに、党幹部らは小沢氏の離党や新党結成を警戒し、慰留に懸命だ。(続きを読む)



今年の話題やニュース
今年の話題やニュースまだまだ始まったばかりですが、今年の重大ニュースになりそうな行事や予定など(例えば去年なら紀子さまが悠仁様を出産 や冬季オリンピックで荒川静香金メダルなど)を教えてください。(続きを読む)


民主党大敗させるべき。
民主党大敗させるべき。民主党が大敗したならば、民主党内の自民党に考え方の似通った人などが動き出し、政界再編が期待できます。左から右へばらつきの大きい民主党を負けさせるべきだと思います。どう思いますか?(続きを読む)


自民党政権について質問します。
自民党政権について質問します。さきほど、参議院選挙後ということで質問をしましたら、自民党支持者(と推測しました)の方から年金問題に関しての民主党のマニフェストを具体例にあげて、現状では自民党政権でないと日本はもたない、とのご意見がありました。なるほど、と納得した部分もありましたが、果たして本当にそうなのでしょうか?確かに民主党は寄り合い所帯で、外交、憲法問題などでも党のコンセンサスがまとまっていない状態では政権担当などは無理なのかもしれません。それに、自民党は良くも悪くも戦後50年以上も政権を担ってきて、官界、財界との太いパイプ(癒着)もあります。いわば、この国の裏の裏まで知り尽くしているわけですね。ただし、穴だらけでほぼザル法に近い公務員法改正といい、一向に進まない政治資金の問題といい、教育の崩壊(全部とはもちろん言いませんが)といい、すでに爛熟して衰退をしつつある政治に任せているよりは、多少のリスクは負っても(小泉さんが痛みを伴ってください、と言っていましたね)、改革勢力(反自民という意味です)に任せるわけにはいかないのでしょうか?私見では政権が変わってもこの国がもたないことは絶対にない、と考えます。なぜなら、多分今の政治家よりも政策・行政面では霞ヶ関(官僚)がこの国を牛耳っていると思われるからです。自民、公明、民主、国民新党などこの範囲ぐらいで一回ガラガラポンをして、政界再編は最も良い選択肢であると考えています。良く政権与党は政治の停滞(与野党の逆転、接近のこと)は絶対に避けなければならないといいますが、それではほぼ自民党が担ってきた90年代の空白の10年間は何だったのでしょうか?小沢さんを、浜幸さんを初めとして自民党のかたがたはかなり感情的に嫌い、悪く言っています。かつては、田中角栄門下として、経世会、金丸門下としても自民党の金権政治の中枢にいて、逆にその長所も短所も知り抜いているから、だと思われます。それだけ強敵、力のある政治家だということでもあるのでしょうね。聞き方を変えてお聞きしますが、それでも自民党でなければ駄目なのでしょうか?ちなみに、僕は以前は自民支持でしたが、最近は?が増えてきています。格差や少子化問題、外交(日米、日中、日韓、日朝など)問題、国の800兆を越える借金など、本当にこのままでいいのでしょうかねえ?(続きを読む)


今回の参院選、仮に民主党を中心とした野党が過半数の議席を獲得した場合、現民主...
今回の参院選、仮に民主党を中心とした野党が過半数の議席を獲得した場合、現民主党代表の小沢氏が総理大臣の内閣が誕生するんですか?(続きを読む)


国民新党や新党日本は、何の為に存在しているのですか?反自民だったら、民主党と...
国民新党や新党日本は、何の為に存在しているのですか?反自民だったら、民主党と一緒になるほど国民に理解されやすいと思うのですが。(続きを読む)



スポンサーサイト
12:57:12 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。